サマースクール2017 - Let’s share summer fun!

毎年恒例のチムニーズ&ポリハレ・サマースクールは今回で11回目。3月の最初のミーティングの時に人差し指2本で「11」の形を作ってたら、ふとポッキーのCMを思い出して。なんて裏話付きの今年のテーマがこれ。

Let’s share summer fun! / 夏の楽しみを分け合おう

今年の2週間は新しいアクティビティが多かったことと、何と言っても最初の週からとても暑かったことが印象に残っています。例年なら2週目に感じるような暑さが初日から私たちを文字通り熱くしてくれました。

たくさんのアクティビティに英語で挑戦した2週間

各週1回の水遊びでは水鉄砲遊びだけではなく、大きなシャボン玉を作ったり、たくさんの水風船をぶつけ合ったり。アメリカ人のヨガの先生や宇美町のシニア英会話クラブの方々もゲストとして来てくださいました。ゲストと言えば、最終日のケータリングランチの田中さんもサマースクールには欠かせません。

園外活動としては、FBSテレビ局や福岡空港のJAL事務所を訪問したり、パソコンを自由に使ってプログラミングの体験やIKEA新宮での職業体験までしちゃいました。

スポーツ関連では3回目になるラグビー体験。今年も香椎浜のコカコーラ・レッド・スパークスのご好意で外交人選手と交流を深めて来ました。激しい暑さだったので子供たちの体調を本当に心配したのですが、1年生たちもドンドン体当たりして楽しんでましたね。

恒例になった体育館での英語スポーツ遊びも今年はドッチビーを使って異年齢で楽しみました。ドッチビーの円盤は高学年でも思うように飛ばずに苦戦することも。逆にそれでとても盛り上がりましたけど。

お出かけしない日もアートやサイエンス、歌にダンスに、各外国人の先生たちのオリジナルタイムなど、毎日新しいことを体験するプログラムがたくさんでした。

各週金曜日には終了式なので、保護者の方々に披露する発表の練習も頑張りました。

1週目は週を通して企画・準備してきた「Fun Fun Fair」を披露を兼ねて、保護者の方にも参加して頂きました。日本語にすると「お楽しみ祭り」と言ったところでしょうか。5つのグループに分かれた子供たちがそれぞれに趣向を凝らしたお店を作り商売ごっこをしました。

あえて「商売」と書きましたが、サマースクールに参加している子供たちがお店の人になって、ライオン(年長)クラスのお友達や保護者の方を招待し、お客様はお金を払ってお店に来てくれるんです。お金と言ってももちろん、サマースクール限定通貨でスマイルマネーと呼ばれているコインです。

そのマネーが直接子供たちの売り上げになるので、みんな必死! お客さんの歓声と店員さんの呼び込む声で会場は大騒ぎ、参加型の発表は保護者の方々にも大好評でした。

2週目目の発表は毎日の宿題だったジャーナル(絵日記)と恒例のダンス&シングの発表です。

ジャーナルに関しては複雑な長文を読める子もいれば、単語がやっとの1年生までと個人の英語力には差が大きいですが全員が読むことができました。直前のリハーサルでしっかり練習してよく頑張りましたね。

そして映画”SING”より、ブタさんペアがカッコ良く歌う「Shake it Off」を披露しました。ここでももちろん保護者の方を巻き込んでね。耳に残るフレーズだから家でも踊った子が多いのでは?

朝から夕方まで英語環境で過ごす貴重な体験

まだまだ書ききれないほどのアクティビティに英語で挑戦した2週間。まずは子供たちが怪我や事故なく、無事に2週間過ごせたことに感謝です。子供たちの頑張りはもちろん、保護者の皆さまのご協力、そして私たちの思いにご賛同頂き惜しみなくご協力頂いた訪問先の皆さま、本当にありがとうございました。

今年のサマースクールのために集まった素晴らしい先生方も、既にそれぞれの場所でご活躍中です。来年もまたきっとご縁があることでしょう。

ポリハレっ子にとっては年に1回の長時間英語環境で過ごす貴重な機会です。この機会を実現して下さっているチムニーズとその先生方、今年も本当にお世話になりました。

子供たちにとっての貴重な機会をさらに良いものにするために、るみ先生とチムニーズの先生たちはしっかり反省会と来年への課題も話し合いました。もう新しいアイデアが出てきてるんですよ。

2018年もどうぞお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA