冬休み バイリンガルおはなし会

2日間の「冬休み バイリンガルおはなし会」が終わりました。合計10組のママとちびっこたちに参加してもらって、両日とも楽しい次回を過ごすことができましたよ。
クリスマスの週末は本当に凍える寒い日だったのですが、この2日間は暖房が要らないほど、ポリハレ・ルームは差し込む日差しとみんなのおかげでポカポカでした。
さて今回は両日とも同じ内容でおはなしをしました。ご紹介したのは、<The Gingerbread Man/ジンジャーブレッドマン>のお話しです。


これは英語圏やヨーロッパの国々でクリスマスの時期によく食べられるパン、またはそのカタチを真似たクッキーのことです。日本語で無理やり言えば、<ショウガ人間パン>でしょうか!?ちょっと気持ち悪いですよね
映画シュレックにも登場してましたし、最近ではスタバでもこの時期は販売しているようです。
クリスマスは終わりましたが、元々は16世紀、イギリスのヘンリー6世により寒い時期の病気予防としてショウガ入りのパンが推奨されたと言う説もあるので、今回のおはなし会で取り上げました。
2冊のタイプが違う絵本を日本語と英語で読みました。どちらも最後にはちょっと悲しい結果が待っているのですが、なぜか憎めないというか、可愛いおはなしなんです。
おはなしを聞いたあとは、お家でもこのおはなしをできるように、自分たちで絵本カードを作りましたよ。ジンジャーブレッドマンを描いたり、ママが切り抜いた絵を貼ったり、登場人物のシールも貼って完成です。
そして最後にるみ先生からプレゼント

本当にしょうがのしぼり汁を混ぜて焼いた、ジンジャーブレッドマンクッキーを食べましたね。もちろん先生手作りです。小さいお友達は食べれるか少し心配でしたが、両日とも全員完食!
読んで聞いて見て触れて、そして食べて五感をフルに活用して楽しいアクティビティになりました。みんないい子でお話が聞けましたね。ママたちも最後までご協力ありがとうございました。
このおはなし会は不定期ですがまた機会があれば開催したいと思っています。
それでは皆さま、ご家族楽しく、よいお年をお迎えください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

A HAPPY NEW YEAR 2012