第268回 Do-Re-Mi その1

8月最初の活動はこれまた激しいばかりの暑い日差しで始まりました。だって予報最高気温が36度ですからっ(←体温!?)

そしてその日差しに負けないくらいのたくさんのお友達が来てくれました。
それに今日は1歳以下のベビーたちも本当に多かったですよね。泣いてたり、1人で居たりするとついつい抱っこしちゃうるみせんせでした
そんなリトポリっ子たちと今日は「Do-Re-Mi/ドレミの歌」に初挑戦です。
ちょうど今、博多座で「サウンドオブミュージック」もやってますし、名画なのでDVDや舞台でご覧になった方もいるでしょう。そして数々の名曲はどこかで必ず耳にしたことがあるものばかりです。
中でもこのDo-Re-Miはほとんど日本の歌のように親しまれていますが、実はこの映画で歌われる英語の歌なんですよね。
さぁ、どんな風に歌ったのかな?


まずはこの映画のtrivia/トリビアを少し。


この映画は1965年にアメリカでも日本でも公開され、50年近く経とうとしているのに、色あせずに、全世界で親しまれているミュージカル映画です。

主演のジュリー・アンドリュースの美しく可憐でそして強いこと!
今さらですがとても感動したるみ先生、日本ではあまり馴染みのない英語のDo-Re-Miの美しい歌詞、英語の音を紹介すべく今回挑戦した次第です。
まずは英語の歌詞を大きく書いて張り出して、皆さまへご紹介。そして読み方と意味を説明しました。これは主にママ向けのアクティビティでしたね。
日本語の音と似ているところ、全く違うところ、いくつかポイントをお話して、そして手遊びできるように、振りも紹介しました。
それからジュリーが映画で演じる「マリア」と一緒に歌いました(もちろんCDです)。マリアの声に誘われるように歌いだし、最後は手遊びで決めましたね
今日はまだまだお楽しみが続きます。なんとバルーンアートを用意してましたよ。みんななが~くバルーンを膨らませて、ママと力を合わせてheart/ハートを作りました
2つしか割れなかったので、皆さん上手っつ!ポンプは100均で売ってるので、機会があったらお家遊びとしてバルーンで遊んでみてくださいね。
次回はまた違う趣向でお待ちしています。暑い日が続きますが、期間限定の夏を親子で楽しみましょうね!
※本日参加のお友達 24組 ご協力ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA