キャナルシティ博多でジャコランタン作りに参加しました

今日は以前から楽しみにしていたキャナルシティでのワークショップがありました。なんと本物のかぼちゃで親子でJack-o-Lantern(ジャコランタン)を作ろうと言うものです。

実は同じワークショップに年前参加したことのある、るみ先生。この時はまだ年長さんだった長男坊のHalと一緒に参加しました。その時は彫刻刀にいわゆる緑の「日本かぼちゃ」だったので、結構危険&固かったことを覚えています。

でもなんと今年は内容は同じでも、食事用のステンレスナイフと「ペポカボチャ」と呼ばれるあのオレンジのハロウィーン用のかぼちゃでした。「日本かぼちゃ」とは見かけも中身も大きく違います。

このイベントを知って急遽ポリハレっ子にも告知して、今回は2年生のお友だち4組での参加となりました。

昨日は秋晴れのいいお天気の日で、キャナルシティもハロウィーンムード満点で、ライブやパフォーマンスも広場であっていたりと、秋を楽しむには最高の雰囲気の中、本当に楽しい時間でした。

まずは受付で好きなかぼちゃを選ぶことから始まり、底をこぶし大ぐらいに開けて、そこから中身を取り出します。

hw15_0

ハロウィーンかぼちゃの中身は種と糸のような繊維状の物質がいっぱい詰まってました。それを手やお玉のようなもので搔き出すのですが、ウリっぽい生臭い臭いと取っても取っても出てくる繊維に子どもたちは「気持ち悪い」の連続です。

次にマジックで顔を描いて、ナイフで切り出すのですが、かぼちゃにも個性があるのか比較的簡単にナイフが入るもの、固いもの、ちょっと熟れているものと様々でした。

hw15_1

でも「サクッ」と抜ける感じや、形通りに切り出せたときはとっても気持ちよくって・・・。ついつい4人のママたちが本気モード!

一時はどう仕上がるかと心配になるほどでしたし、子どもたちは周りを走り回ってはしゃいでいたのも事実ですが(苦笑)、最後には親子共同作業でかなり本格的なモノができあがりましたよ。ママたちにもかなりの達成感です。

hw15_3

持ち帰り用の袋とろうそくまで用意してもらって、いざ自宅で点灯!

wh15_2

“HAPPY HALLOWEEN” 来年もぜひ参加したいです。

Summer School 2019

チムニーズ&ポリハレ サマースクール2019
(7月22日~8月2日)
マレーシアとハワイから参加の子供たちといっしょにグローバルでアクティブな2週間を過ごします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA